9/01/2014

休場日の思案

オプションを使う自分にはとても興味深い記事です。
BPのプットオプションが期限日前に権利行使される | マッタリ バリュー投資とカバード・コール

プット早期行使のタイミングは配当落ち直ぐ (下の青丸時点) に行われると考えていたのですが、今回の事例はちょっと違うみたいです。



満期が近くディープインザマネーであればデルタ (原資産が1動いた時にどれだけオプションの値が動くかを表す指標) が1に近く、現物のショート・ポジション + 僅かにオプションらしさが残っている状態。

そんなプット買い持ちポジションで行使を考える場合、権利行使で得るキャッシュとそれで稼ぐ満期時までの金利収益 > プレミアムかどうか、(X-S)erT > Premium であればと。

超ざっくりですが、Open時の(X-S)erT = 4.52、プレミアムは = 4.71。当然こんな短期で金利も何もなわけで、普通は有利になることもない。じゃあいったい何でですのん?と考えてみたところ、一つの妄想浮上。

(続きはお暇な方だけどうぞ)





BPに対してニュートラルな相場観のトレーダーが、8/29朝にオプションチェイン開けたらお宝発見。



9:30に即30枚 (上図) お買い上げで、Open時 4.707 - 買値 4.55で含み益。
(下図紫丸に対して、本来は青線上にいる筈)



後はプレミアムの下げを監視、10:30に47.66を付けた段階でディープインザマネーの転売コストを避けるため、権利行使。



概算マージンベースで1.9%。はじめから下げ目線で株をショートしていれば2.3%ぐらいになりそうですが、中立目線でコレだけ取れれば十分ですねぇ。そう都合良く動けず日中安値を逃して、終値付近までモタモタして処理しても0.7%ぐらいありそう。

まぁ休場日の脳内オアソビで、特に意味はありません。。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


2 件のコメント:

  1. なるほど、私はそこまで分析をしていませんでしたが。
    経済合理性にもとづいてトレーディングをしたプロがいたのかもしれませんね、オプションはかなり効率的な取引がされているようで、少しでも変な値段があるとすぐに裁定取引が行われる気がします。

    返信削除
    返信
    1. ishipponさんの不運をネタに記事作ってすみませんです m(_ _)m

      >少しでも変な値段があるとすぐに裁定取引が行われる気がします。

      そうですね。自作データシートで時々監視していると、「おっ?」とスマイルカーブが極端に歪になる瞬間に出くわします。気付いた時には手の早いトレーダーとか、マーケットメーカーがさっさと仕事ちゃうんで、滅多に出番はありませんがww

      削除