9/07/2016

あまりにも寂しい


例えばアメ人 (個人) が日本株に興味を持ったとして順当にDXJや、ヘッジ要らずな漢で小ぶり好きならDFJあたり、トレーディング・ストックならEWJ、トレードならCME^N225とご用意されているワケで。

プロ (運用サービス業) を除けば敢えてADR OTCなんぞ触らないのかもと思える、MSのレポ結果一覧。


を、出来高順に並べてみると




何と申しますか、需要なき情報に供給なし?で、掘の有無などを知るどころか殆んどが空白 (ようはレポなし)。ムカーシムカシ、JaNOなんて言われた時代が本当にあったのかしら?と、ひしひし。



にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


2 件のコメント:

  1. なかなか興味深い記事でした。
    ファナックが唯一のWide判定ですか。
    この表を見て久方ぶりに「アウトオブ眼中」という死語を思い出しましたw
    NTTの時価総額がT XOM IBM GE GMの合計より大きいとかイカレちゃってますよね。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      >「アウトオブ(ry
      ありましたね、そういう類の言葉wwwww

      >NTTの時価総額が....
      頂点の頃ですか?当時20兆超えだったとか、、氷河期世代なので踊れてないのですが、泡沫マネー飛び交っていたんでしょうね。


      削除