8/24/2016

Hindsight is 20/20


疲れが取れたような、余計疲れたようなお盆休みも過ぎ、繁忙なのは相変わらず。運用はトレードなり何なりやってますが、書くと曲がるのでw 視線を変えて肩の力を抜いた与太話でも。(お盆に書いて忘れてたw


グレイテスト・ヒッツの場合


アメ株を触っている人にはお馴染みの銘柄、KOやWMTなど代表的な連続増配株を長期保有で配当金再投資。そんな鉄板の法則、概ね21年の軌跡を並べてみると (Dividend Channel より)

【コカ・コーラ vs スパイダー】【ウォルマート vs スパイダー】


【マクドナルド vs スパイダー】【アルトリア vs スパイダー】


【プロクター&ギャンブル vs スパイダー】【ジョンソン&ジョンソン vs スパイダー】


【IBM vs スパイダー】【一覧表】


コカ・コーラを除きアウトパフォーム。均等に買ってひたすら再投資の結果、バークシャー・ハサウェイの年率換算リターンをも上回るワケで。米国のインフレ率がこの期間平均で3% と仮定しても、十分に報われている事になりますね。

だがしかし.........


裏グレイテスト・ヒッツの場合


そんな安定の連続増配株に代わって、スタート時の配当有無や時価総額の大きさなど問わず恣意的に選ぶとどうなるでしょう。一応ある程度似ているような銘柄から選択し並べてみると、

【モンスター・ビバレッジ vs スパイダー】【ターゲット vs スパイダー】


【スターバックス vs スパイダー】【ベクター vs スパイダー】


【チャーチ&ドワイド vs スパイダー】【ノボ・ノルディスク vs スパイダー】


【マイクロソフト vs スパイダー】【一覧表】


モンスター・ビバレッジだけ数日後からのスタートになっていますが、まぁ気にしない方向で。驚異的ですなw 果たして20年前にMNSTやSBUX等を買って持ち続ける勇気あった?そんな目の良い人ならこんなブログ書いてないでとっくにネクストステージに移ってますね。


どちらにしても


一切の感情を排し、そしてその当たりくじを手放さずという、超人的な結果が上になるのですがパイチャートでみるとその異常さがよくわかります。

【表】【裏】


無論、内が当時で外が現在です。

胆力のない自分であれば、こうなる随分前に間違いなくリバランスするでしょうね。と、いう全くもってオチのないログ。



にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


0 件のコメント:

コメントを投稿