11/05/2015

素晴らしきスキーム


イエレン発言でか下のボラが上がりつつ、アップサイドのIVは低いなぁと思いつつユナイテッド・テクノロジーのコール売り。
  • Sold UTX Dec.18'15 105 Call

それはいいとして。

日本郵政・ゆうちょ・かんぽが上場 知っておきたい3つのポイント | The Huffington Post
簡単に株価が下がっては困る日本政府
その後の2011年に東日本大震災が発生し、復興財源が必要になったため、日本郵政株の売却益でまかなおうと、再び上場させる方針に変わった。

政府は今後、数年に1回ずつ合計3回程度にわけて郵政株を売却し、計4兆円もの財源を確保するとしている。

買うのは個人投資家。高い配当利回りが人気
今回売り出す株式は、国内向けが8割、海外向けが2割という配分。国内分のうち95%以上が個人投資家向けで、残りを機関投資家向けと、個人投資家の購入割合を多くした点が特徴。テレビCMなどで個人に上場をアピールするなど、異例な状態だ。


株主になりたい理由はどうであれ、個人の好きにすればいいとは思いますし、どこかに眠っていたシニアの死に金、別名『明るい未来から勝手に拝借し積み上げた富』が現世に蘇生し、更に復興財源に。

副作用として、よくわかんないモノをよくわかんないケド買う事が出来る投信という仕組みの金融商品に圧倒的知名度から71億も金が集まり一部かもしれないが誰かを儲けさせたりも。

しかしファンドじゃあ、もし、優待でかんぽの宿が付いても、年賀状が付いても貰えないんですぜ?(貰えるような優待付きファンドが出来たりしてww)


そんな冗談は兎も角、こうなりゃ郵政の圧倒的知名度を使って、国は (じきTOPIXが爆買いするし) 素高値維持デキる内に予定を巻いてさっさと手放し、プライマリーはひと手間加えてトヨタAA株式を模倣した種類株など用意したり、より一層生前の国庫返納モドキスキームをバシバシ進めて欲しいものです。無論、GPIFにはTopix売り逃げてもらいたいものですが。

ついで便乗商法という意味で、セカンダリーは2階建てと言わず3階・4階建て仕様のファンドをローンチして高利煽って販売しまくってもいいよ。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


0 件のコメント:

コメントを投稿