3/11/2015

整いましたな

これにて環境は概ね。

外国株式における特定口座対応のお知らせ ~主要ネット証券最多となる9ヶ国の外国株式が特定口座で取引可能に~ | SBI証券プレスリリース
株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「当社」という。)は、外国株式における特定口座対応を2015年内(予定)を目処に実施することとなりましたのでお知らせいたします。これにより、当社取扱いの9ヶ国(米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)の外国株式と海外ETFのすべてが特定口座内でお取引できるようになります。
DRIPで完全体となるのでしょうけど、制度の問題でしょうし欲張らずに先ずは歓迎したいところです。

自分としては、今後どれくらいの時期になるかは外的要因に左右されますが、米国口座は指数 & ETFオプションと生債券、株式投資 (といっても実質NVなので投資とは言えるか微妙) はSBI特定口座で、投機信託はDC口座。ドメ先物・オプションは楽天と上手くはまりそうです。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


0 件のコメント:

コメントを投稿