3/31/2015

プット売り (2014年まで更新)

The Cash-secured PutWrite Strategy and Performance of Related Benchmark Indexes 内にある、Impact of Adding PUT to “Traditional” Asset Allocations に驚いたのも随分前の事。

それは2008年までのデータなので、一寸続きを見たくなり自前で2014年まで反映させたものを作成。


[相関と期待リスク,リターン]

採用する数値は、「所詮そんなもの」というスタンスから、長期の27年~15,10年と取って、やや悪くなるようなデータになる方向にエイヤで決めています (但し、リスクだけはヒストリカルデータによる)


それを使い、単独の指数と各組合せの効用最小、最大を作って並べてみると、


2008年から6年経過しても、プット売り (キャッシュ・セキュアード・プット) が変わらず健在でした。データからほんの少々の小型株、そして債券を組み合わせ。面倒ならばシンプルに、プット売りの繰り返しと債券の長期運用。当然、行使されればカバード・コールする必要がありますけど。

個人的には採用する価値がある手法に思えます。まぁ、伝統的な組合せのバイアンドホールドに短期 (数年単位) では劣っていたり、繰り延べ効果の放棄が非効率で愚かしく見えるかもしれませんが。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


0 件のコメント:

コメントを投稿