11/18/2014

「市場」ではなく「企業」を買う株式投資 (1)

今年読んだ中で最も異色な一冊。



編著者の川北教授ですが、TOPIXなどのインデックスに追随する手法を「アホやん」とハッキリ表明される漢です。(断片を書くと物凄い感じですが、リンク先を読んでもらえばごく普通の事を言っています)

はじめに

◇新たな株式投資 ― 脱市場・厳選投資

本書のテーマは「本来の株式投資」である。
株式から、その投資にふさわしい収益を着実に得るためには何が求められているのか。

~省略~

日本の平均的な株式に投資する方法、その代表としての東証株価指数 (TOPIX) や日経平均株価をそっくりまねるインデックス運用、上場投資信託 (ETF、exchange traded funds) は望ましくない ―

~以下省略~

投機本では腐るほどありそうですが、投資家目線でトラッカー・ファンドに楯突く感じに興味を持って、春だったか立ち読み即購入したんですね。折角今回2周目の再読なので、ちょっとブログに取り上げてみようかと連載っぽくエントリーに (1) なんて付けてみました。

と言う事で取り敢えず、次回に続く。予定。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


0 件のコメント:

コメントを投稿