7/10/2014

25%の中から25%を抜き出す算段

昨日のpre-market、KMIには慄いた (詳細は知りません)



-------

さてここからは備忘録と言う事で。

Return on Investmentの観点から考えれば、ロバキヨじゃないですが株主 (Investor) だけでなく、事業 (Business Owner) を組み合わせる方が良いワケです。無論リスクは比較になりませんけどね、一つの籠にモリモリですから。

そして自分の場合、全体配分ではこんな感じになっているんですが、来年早々次なる事業へ更にシフトしようかと。ソロバンの結果、概算でもへそくりだけでは全然なので、当Blog扱いも必要分考えています。(キャッシュは最後の砦、使うわけにはいかない)


そこで問題、どれを処分するか。全体的に薄く?特定に絞って?実に悩ましい。。


教科書的に投機関係からが正しい気がしますが、、、
取り敢えずイメージする候補順に並べてみると ( リスト内 ( ) は順位の理由 )
  1. 日本債券ベアファンド
    ( イザとなればIBの方でより良い運用が可能だから )

  2. 米国・EAFE小型バリュー株ETF
    ( バリューバイアスは消えるがDCをSBIにすれば、一応カバー可能。ただ、コストでVBならVSSだし、DGS咬ますならDES + DLSだろうと。現状のVB + SCZ + DGSと変な組合せは食指が...)

  3. US株・ADR
    ( 出来れば現状維持したいところ )

  4. オプション資金
    ( 前回大部分を拠出したので現状維持したいところ )

1.はまぁ良いとして、2.はDCで手を打っても元の配分と現状のウェイトが全く違うので、リターン = 0仮定で10年毎月積む必要があり、これはこれで惜しい気もしますねぇ。漸くバリュー優位な環境になりつつあるような気配も感じますし、どうしたものか。

年内に決めて処分したとして、相場がドロッと解けて今から-40%とかならなければ、1.と2.でどうにか出来そうですが、その時にならないと判らない話です。かと云って、今は決め時ではないと感じる妖しい相場観に基づき冬まで先送りとしましょう。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


0 件のコメント:

コメントを投稿