6/03/2014

2014年5月末運用状況

いつもと同様、色付きの記載が動いたものです。


►Performance



►Long-term position

[Stocks]
  1. Lorillard (LO)
  2. Kimberly-Clark (KMB)
  3. General Mills (GIS) *div@0.41_drip
  4. Altria Group (MO)
  5. Johnson & Johnson (JNJ)
  6. Kinder Morgan (KMI)
  7. Unilever (UL)
  8. British American Tobacco (BTI) *div@3.2947_drip
  9. Chevron (CVX)
  10. ConocoPhillips (COP)
  11. PepsiCo (PEP)
  12. Statoil ASA (STO)
  13. PotashCorp (POT) *div@0.35_drip
  14. Procter & Gamble (PG) *div@0.6436_drip
  15. TransCanada (TRP) *div@0.437931_drip (CAD@0.48)
  16. Exxon Mobil (XOM)
  17. Shaw Communications (SJR) *div@0.084262893_drip (CAD@0.0917)
  18. Mattel (MAT)
  19. Wells Fargo (WFC)

[ETFs]
  • Vanguard CRSP US Small Cap Value (VBR)
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS)


►Short-term position

[Options]
  • Cash Settle
    None
  • Physical Settle (Single)
    NFLX Jan.17 '15 50 Put Long
    EEM Jan.15 '16 55 Put Long

[Funds]
  • T&D 日本債券ベア (10311965) *bought



長期はいつも通り特にないですが、TransCanadaの配当は1日の反映でしたので再掲。BTIの配当でAgency Processing Fee (ADRエージェントへの手数料?) が0.14%弱発生していました。過去ADR (AZN・RDS.B・UL) ではなかったですが、あったりなかったりなんでしょうかね。


短期はデータFeeを稼ぐ為、スイング中心にUNG (United States Natural Gas) 、TBT (ProShares UltraShort 20+ Year Treasury) 、AZN (AstraZeneca PLC ADR) でベアシンセ。UNGとTBTは久しぶりに弄りました。


本格導入前で別腹試行中の戦略の方は、日経平均が副次的指数 (主に、夜間はドル円とUS市場の状態という2軸、日中はチャイナを加味した3軸パラメ) ゆえの複雑さから今一つぱっとせず。やっぱり需給が決め手でも、実体のある指数で試さないと考慮する要素が無駄に増えて手間だと理解出来たので、さっさと見切りをつけてUS用のアップグレードに取り掛かっているところです。


さて6月。変わらず、何も無ければ動かざる事山の如し、何かあればその時に。その割り今年は無駄にブログ更新しているので、LDSの更新頻度を下げて、ノンビリ進行で考えています。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


0 件のコメント:

コメントを投稿