5/14/2014

LDS-5 (virtual trade)

キーワードは114.5

表番号取引日内容タイプストライク
プライス
満期日単価枚数 金額
2014.03.10買建コール942016.01.1528.1510-28,150 
売建1212014.04.101.351,350 
2014.04.10失効-- 
2014.04.15売建114.52014.05.020.8800 
2014.04.30買戻0.04-40 
2014.05.05売建1142014.05.230.81810 
2014.05.08買戻0.15-150 
買建852016.01.1526.51-2,650 
2014.05.12売建114.52014.05.300.7611836 


つまらなく何の役にも立たないログとは思いますが、そこは自分用。

ついでにここまでで感じた事など。
ロングアーム用のLeaps (満期日が1年以上遠いオプション) の板には流動性の問題がありそうな気がするのですが、例えば日経ですと、近めで遠めの半年先は板に誰も居ない留守宅ばかりです。

一方のUS市場の代表指数物と連動ETFは、相場監視員 (マーケットメーカーやアルゴとも言う) の常勤率がほぼ完璧。取引しようと思えば、理論値付近にいる仲値より数セント~数10セント不利側に出すとまず売買可能です。無論、期近は言うに及ばず。

但しここにも注意が必要。それは、数枚~100枚程度をトレードするぐらいな資産クラスの投資家に限ります。1000枚単位とか無理っぽいので、資産家は大人ルートを使うが吉でしょうね。


にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


0 件のコメント:

コメントを投稿