11/05/2013

2013年10月末運用状況

誰でも儲かる相場環境なのに、だいぶ下手打ってダメージ負っている感じ。そして、おまけに風邪っぴき。
いつもと同様、色付きの記載が動いたものです。


►Performance



►Long-term position

[Stocks]
  1. Kimberly-Clark (KMB)*div@0.81_drip
  2. Altria Group (MO)*div@0.48_drip
  3. Johnson & Johnson (JNJ)
  4. Lorillard (LO)
  5. PepsiCo (PEP)
  6. General Mills (GIS)
  7. Unilever (UL)
  8. Procter & Gamble (PG)
  9. AstraZeneca (AZN)
  10. Chevron (CVX)
  11. Exxon Mobil (XOM)
  12. Statoil ASA (STO)
  13. Walmart (WMT)*bought
  14. Royal Dutch Shell (RDS.B)
  15. PotashCorp (POT)

[ETFs]
  • Vanguard CRSP US Small Cap Value (VBR)
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS)
  • WisdomTree Emerging Markets Small Cap Dividend (DGS)


►Short-term position

[Options]
  • Short (Cc & Csp)
    GDXOct.18 '13 P26*BTC
    SLVOct.18 '13 P22*BTC
    UNGNov.22 '13 P18.5*STO
  • Long
    VXXNov.16 '13 C18*STC
    UNGNov.22 '13 C18.5*BTO
    EWYJan.18 '14 P40
    FXIJan.18 '14 P20
    NFLXJan.17 '15 P50*BTO

[ETFs]
  • Vanguard Intermediate-Term Bond (BIV)
    *1 div@0.20507_drip
    *2 sold

[Funds]
  • MHAM MMF (08811925) *sold
  • T&D 日本債券ベア (10311965) *bought




LT:
ウォルマート買い、石油メジャー停滞、以上。

では何なので。
最近の上げ相場でポートフォリオのP/E、Yieldがどうなっているか集計してみた結果、

P/E = 15.5 (除ETF 15.5) , Yield = 3.34% (除ETF 3.54%)

でした。イールドは以前より株価の上昇と、XOM,WMTなどトータルで株主還元する企業を組入れた結果少し低くなっていますね。今のところ、USGG10YRは2.6%前後。緩和縮小が始まると配当株には厳しい時期が来るかもしれませんが、淡々とDripで積み増しで無問題。厳しい時期ならバリュエーション的に過熱感も無いでしょうし、来年以降新規銘柄の買い場到来か?


ST:
混乱の中、BIV (米国中期債券ETF) は売り抜け。んまぁ、下半期のキレの無さはここにも出ています。

コクナイ。あべくろ円債はやっぱりスゴイ。このド安定ぶりから、国内でずっと放置しているドルキャッシュを円転して来年も、日本債券ベアの積立を継続に値すると思ったり。


さて11月。思考実験と収益バランスを勘案しつつのPDCA。少しずつでも器用になるべく、日々精進を心掛けたい今日この頃。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

0 件のコメント:

コメントを投稿