10/27/2013

ちょっと興味を惹く銘柄

TVを点けると金融系のCMが目に付く今日この頃。ワイドショーなどでもNISA (嵌め込み口座) を取り上げたり、変化の兆しがチラホラと。

そんなわかりやすく磨かれた靴の世界は、ネウゴキきが全ての自称投資家に譲って投機でも。


自分の様に資金が少なく、モニタリングも出来ない人間がオプションで収益を目論む場合、カバード・オプションが最良です。理由は簡単、分相応の賭けに限定されるからに他ならず。

当ブログ外で国内でも少し^N225先opをプレイしていますが、今は「Cカレンダーで取れたらP買い」を繰り返し行っていて、安定収益を期待しているトレードとはいえません。何故かメインのカバード・オプションより好成績なのがさておき。


して、最良と考えるカバード・オプションですが、問題がないわけではありません。

その問題とは、コール売りは原資産の保有。でも、保有は避けたい。

カバーなので当たり前ですが、心理的な意味で保有したくない原資産を対象にトレードしにくい。頭のどこかで、ホールド = 原資産の中身に拘る、そんな悪いクセがついているからだとわかっているんですが、なかなかカバード・コールする気になれず、プット売りばかりになっています。

逆に、キャッシュをセキュアーしているだけだと、その対象にする原資産の組成は気にならず冷静に売りやすい。全く合理的ではありませんけどね。


変な感じですが、
・その原資産を買ってもいいと思える値でプットを売る
この原則が自分の中に無いのかも。じゃ何で売るのか?確率とその結果が面白いからかもしれません。



そして、その止め処ない話の最後、

の前に、ざっくりETF一覧

レバレッジ物を除いて大きく下げているものは、日本株とサヨク好きな向き。

その中ではTAN (Guggenheim Solar ETF) にちょっと興味があります。いわゆるファンダメンタルズ的ではありません。無論占い信仰もありませんがチャートは、





グリードでブルシンセ?普通にCsp?読めないのでブルプットで少し控えめ?いやいやまだまだでベア?

実際には何も仕掛けないですが、こういうリスクをどう収益に結びつけるのか、単純に楽しいですね。


[ にほんブログ村 | 米国株 , 株 オプション取引 ]

4 件のコメント:

  1. 私もカバードコールよりも、キャッシュセキュアードプットの方が冷静に取引・トレードできるきがします・・・、まあ統計やパフォーマンスを測定したわけではないのですが心理的にそんな気がします。

    返信削除
    返信
    1. 何の根拠もない感覚的にですが、短い期間の結果だけで考えると、オプション単体ではコール売りの方がパフォーマンス良さそうかな?と思ったり。現物でも騰がるより下がるのに付き合う方が多い気がしますんで。

      今更ながら、オプションの基礎の基礎から理解したい気分になったので、成長の途中でトンチンカンな更新が増えると思いますが、間違いに気付いたらツッコミいただけると幸いですww

      削除
  2. ・その原資産を買ってもいいと思える値でプットを売る
    アーメット・オクマスの手法ですね。
    私もオプション取引には興味があるのですが、如何せん資金量が少ないのと、
    サラリーマンなのでオプション相場に貼りつく事が出来ない、という二つの理由でオプションはまだ始めていません。
    始めるとしたら、やはりプットの売りを行うと思います。
    ただ、プットオプションをしこたま買って儲けたタレブのようなトレーダーもいるので、プットオプションの売りも相当リスクが伴うように思います。

    返信削除
    返信
    1. 不勉強なのでアーメット・オクマスは知らないのですが、マーケットの魔術師とかに出てくる人ですかね?

      >サラリーマンなのでオプション相場に貼りつく事が出来ない
      ダイナミックヘッジをしないのであれば、相場にべったりでなくても可能とは思います。(機会損失は目をつぶる必要がありますが・・)

      >タレブのようなトレーダー
      自分の場合このブログの範囲外で、日経225先オプはその手法に近い形をとっています。出来るだけゼロコストで屑プットを調達するイメージですね。
      何も起こらなければ、リスクフリーレートくらいしか儲かりませんが、今年は良い感じに推移しています。

      オプション売りは、例えば日経225で1枚(1000株)の重さを忘れるとマズイ事になるでしょうね。

      削除