3/27/2013

意外と少ない

US市場でのETFを使ったオプションについて。

オプション・プレイ(トレード)はボラと流動性が重要。多種多様に上場されていますが、使える対象は意外と少なかったりします。



普段から使えそうなシロモノといえば、
  • SPY SPDR S&P 500
  • QQQ PowerShares QQQ
  • MDY SPDR S&P MidCap 400
  • IWM iShares Russell 2000
  • OIH Market Vectors Oil Services
  • XOP SPDR S&P Oil & Gas Exploration & Prod
  • IYR iShares Dow Jones US Real Estate
  • EFA iShares MSCI EAFE
  • FXI iShares FTSE China 25
  • EEM iShares MSCI Emerging Markets
  • EWZ iShares MSCI Brazil
  • TLT iShares Barclays 20+ Year Treas Bond
  • GLD SPDR Gold Shares
  • SLV iShares Silver Trust
  • USO United States Oil
  • UNG United States Natural Gas


尚、L/Sやボラ系は除いています。その中では、
  • VXX iPath S&P 500 VIX Short-Term Futures
  • TBT ProShares UltraShort 20+ Year Treasury

ぐらいでしょうか。

メインIWM (US小型株) の低IV時に仕掛け辛い状況を回避したい。相関的に新興国か債券あたりでと考えてみると、FXI・TBTが良さそうですので少し観察してみようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿