3/01/2013

2013年2月末運用状況

下旬のボラタイルな展開の割りに、締めればそれ程でも無く平穏なひと月でした。いつも通り、太字の記載が動いたものです。


►Performance



上グラフは新規の資金投下が当面ないので今月から損益のみにしています。代わりに、円貨で手軽に賭ける事が可能なファンド (分配考慮) と、それを適当に組合せて比較用に併せて載せています。(データは三井住友トラストアセットより)

何故にダウ?と、云われる方は流石に当ブログを巡回されていないと思いますので、細かい主旨は省きます。


►Long-term position

[Stocks]
  1. Kimberly-Clark (KMB)
  2. Altria Group (MO)
  3. Unilever (UL)
  4. Procter & Gamble (PG) *div@0.562_drip
  5. Thomson Reuters (TRI)
  6. General Mills (GIS) *div@0.33_drip
  7. PepsiCo (PEP)
  8. Chevron (CVX)
  9. Johnson & Johnson (JNJ)
  10. Norfolk Southern (NSC)
  11. AstraZeneca (AZN)
  12. Exxon Mobil (XOM)
  13. Lorillard (LO)
  14. Royal Dutch Shell (RDS.B)

[ETFs]
  • Vanguard MSCI US Small Cap Value (VBR)
  • WisdomTree International Small Cap Dividend (DLS)
  • WisdomTree Emerging Markets Small Cap Dividend (DGS)


►Short-term position

[Options]

Short (Csp & Cc)
  • AVP  Feb.16 '13 C16 *assigned
  • INTC  Feb.16 '13 P21 *expired
  • IWM  Mar.16 '13 P85 *bought back
  • IWM  Apr.20 '13 P89

Bull put spread
  • IWM
    • Apr.20 '13 S89
    • May 20 '13 L85

Put backspread
  • IWM
    • Apr.20 '13 S89
    • May 20 '13 L80

Long Strangle
  • IWM  Feb.16 '13
    • C90 *closed
    • P84 *closed

Long
  • RSX  Mar.16 '13 C32
  • TQQQ Mar.16 '13 C70
  • SPY  Mar.16 '13 P124
  • SPY  Apr.20 '13 P137
  • EFA   Apr.20 '13 P53
  • EEM  Apr.20 '13 P40
  • FXI   May 18 '13 P31
  • PCY  Jun.22 '13 P29
  • * * *   Jun.22 '13 P* *
  • EWY   Jan.18 '14 P40

[Funds]
  • MHAM MMF (08811925)
  • T&D 日本債券ベア (10311965)


先ずカバードコール分のAVPは召し上げ、1枚未満とドリップで発生する1株未満の端株も処分。配当とプレミアム分考慮すると、薄々で完全に手仕舞いとなりました。

売却分キャッシュの向け先を考慮しましたが、まだ当分買えそうな環境では無いので様子見します。以前に書いたEXIT対象銘柄のNSC,TRIもペンディング中。買い場来ればキャッシュもある事ですので、そっちで買えば良いかと。

次に新興国ETFのDEMは結局、月初早々にターゲットセリングせず普通に売却しました。他の新興国関連商品への乗り換えず、予定通りSTのキャッシュとして運用しています。

あと少々屑プット買いだったり、騰げ狙いの稚拙なお試しコール買いの残骸だったり。IWMストラングルの片割れコールは、運良くITMで転売し利益になりやれやれでした。一方プット売りは、そろそろ喰らいそうなのですが、いつも通り売りつつ実験も継続中です。

国内は、MMF分でベアファンド積み増ししました。細かくポジションを連ねると、何ともごちゃごちゃしています。良い機会なので可視化すると、現状の配分はこんな感じになっています。(下図)




DEM売却で随分コンサバティブになったんじゃないかな?と思ったりしています。

結果不正解なのかもしれませんが、所有している書籍やこういった資料、また日銀中の人レポート (紙しか無く、リンクなし) 等を改めて眺めていると、LTでの現物 (ETF) ホールド、STのあり方や屑プット買いを含め、自分なりに納得しつつ少しずつ変化していく必要があるのかな、と思っています。


さて3月予定ですが、いつも通り何も無ければLTは放置、STは少々の種まき程度ですね。

2 件のコメント:

  1. リンクの資料「The Cash-secured PutWrite Strategy and Performance of Related Benchmark Indexes」面白かったです。なぜかPUTインデックスは優秀ですよね。

    返信削除
    返信
    1. ishipponさん

      コメントありがとうございます。

      個人的に思うのは、コール売りは大人のカバードコーラー(造語でスミマセンww)事、現物保有の機関が売りつつ、プットを買ったりするからかな?と、妄想しています。

      削除